So-net無料ブログ作成

東海道 見付~浜松 [街道歩き]

さて、再出立しましょう。8:40です。
DSC_5029再出立.jpg

右から来た道と合流します。
DSC_5031合流ポイント.jpg

合流点、このあたりが大乗院坂と呼ばれたという案内板。
DSC_5032大乗院坂.jpg

同じところにくろん坊様。その昔インドの旅僧が強盗に襲われたのを、手厚く葬ったとのこと。僧を襲うなんて、なんと罰当たりな。
DSC_5033くろん坊様.jpg

合流して、左側に磐田化学工業・・・目印としてはちょっとマニアックすぎるか。
DSC_5034磐田化学工業.jpg

その先には高砂香料工業。
DSC_5035高砂香料工業.jpg

信号万能橋のところで、万能橋を渡ります。
DSC_5036万能橋.jpg
DSC_5037万能橋.jpg

左側に常夜燈。
DSC_5038常夜燈.jpg

豊田川を渡ります。
DSC_5039豊田川.jpg

森下の分岐。Y字路を左に取ります。右に取ると信号森下、左に取ると信号森下南です。
DSC_5040森下分岐.jpg
DSC_5041信号森下南信号森下南.jpg

右側に若宮八幡宮。
DSC_5042若宮八幡宮.jpg

ここが右折ポイント。信号に名前がついておらず、かなりわかりにくいところです。
DSC_5043右折ポイント.jpg

右側にスロットモンキーのある角で、左折します。
DSC_5044スロットモンキー.jpg
DSC_5045スロットモンキー.jpg

正面にある階段を上り、土手にあがります。
DSC_5046土手道階段.jpg

天竜川です。
DSC_5047天竜川.jpg

往時は舟渡しでした。今は、新天竜川を渡るため、土手道に出たら右折です。
DSC_5048土手道.jpg

まずは天竜川橋がありますが、この橋は歩道がありません。そのまま道を渡って、新天竜川橋まで行きます。信号も横断歩道もないので注意です。
DSC_5050天竜川橋.jpg

新天竜川橋を渡ります。
DSC_5052新天竜川橋.jpg

天竜川を渡ると浜松市です。
DSC_5053浜松市.jpg

渡り切ったところにお休みどころがあります。
DSC_5055お休みどころ.jpg

お休みどころから、川に沿って、下流方面に横断歩道を渡ります。
DSC_5056道を渡る.jpg

東海道の標識に従って右折します。
DSC_5057東海道道標.jpg

東海道の標識に従って、左側の階段を下ります。
DSC_5058東海道道標.jpg
DSC_5059階段を下りる.jpg

そのまままっすぐ進み、左側に六所神社のあるところで右折します。標識もあります。
DSC_5060右折ポイント.jpg
DSC_5063六所神社.jpg

右側に中野町銀行跡。
DSC_5064中野町銀行跡.jpg

右側に天竜川橋紀功碑。
DSC_5065天竜川橋紀功碑.jpg

左側に伊豆石の蔵。明治時代に伊豆半島で切り出された伊豆石で作られた蔵だそうです。
DSC_5068伊豆石の蔵.jpg

右側に東橋跡。
DSC_5070東橋跡.jpg

左側に石垣清一郎生家。
DSC_5072石垣清一郎生家.jpg

右側に軽便鉄道軌道跡。
DSC_5073軽便鉄道軌道跡.jpg

右側に松林寺。
DSC_5074松林寺.jpg

右側に金原(きんぱら)明善翁生家。明治時代に天竜川の治水に尽力したそうです。
DSC_5075金原明善翁生家.jpg

右側に、本坂通(姫街道)安間起点。
DSC_5078本坂通姫街道安間起点.jpg

県道312号線に合流します。
DSC_5079県道合流点.jpg

安間川を安間川橋で渡ります。
DSC_5080安間川橋.jpg

国道1号線をくぐります。
DSC_5081国道1号線ガード.jpg

松並木。
DSC_5082松並木.jpg

左側に立場跡。
DSC_5083立場跡.jpg

左側に題目碑。
DSC_5084題目碑.jpg

左に曲がればJR天竜川駅。
DSC_5085天竜川駅.jpg

右側に浜松アリーナ。
DSC_5086浜松アリーナ.jpg

信号子安で、右から来た国道152号線に合流します。
DSC_5088信号子安.jpg

芳川を琵琶橋で渡ります。
DSC_5089琵琶橋.jpg

右側に蒲神社。
DSC_5090蒲神社.jpg

右側に龍梅禅寺。
DSC_5091龍梅禅寺.jpg

馬込川を馬込橋で渡ります。
DSC_5092馬込橋.jpg

信号板屋町。遠州鉄道のガードの少し手前です。ここが浜松宿のチェックポイント。
DSC_5093信号板屋町.jpg

11:26着。区間距離12.6km、所要時間2時間46分、歩数18.363歩。平均時速4.6km、平均歩幅69cmでした。今日はここまで。総距離21.4km、所要時間4時間25分、歩数31,509歩。平均時速4.8km、平均歩幅68cmでした。

さて、浜松駅に向かいますが、途中左側、うなぎの「八百徳」でうなぎをいただきましょう。浜松でのうなぎは、駅すぐそばの「藤田」でいただく機会が多かったのですが、今日は八百徳。外観を撮り忘れました。いただいたのは肝焼きとうな重。カード払いができないのがちょっと辛い・・・
DSC_5094肝焼き.jpg
DSC_5095うな重 八百徳.jpg
タグ: 街道歩き
nice!(0)  コメント(0) 

東海道 袋井~見付 [街道歩き]

9月14日、土曜日。いよいよ東海道の西半分に入ります。

事情があって前日金曜日に掛川入り。こだま号は満席。通勤客ですね。その中で、「品川貝づくし」で夕食。
DSC_0007品川貝づくし.jpg
DSC_0008品川貝づくし.jpg

掛川駅前の「くれたけイン」に宿泊。
DSC_0009くれたけイン.jpg

掛川駅から袋井駅まで始発で移動。
DSC_4926掛川駅.jpg
DSC_4927袋井駅.jpg

袋井駅から、出立地点の宿場公園へ。でも、出立前に、宿場公園を過ぎて、県道沿いにあるなか卯まで行って、朝食。こだわり玉子定食。
HORIZON_0001_BURST20190914061845450_COVERなか卯.jpg
DSC_0010こわだり玉子.jpg

宿場公園に戻って、さあ、出立しましょう。6:48です。
DSC_4928宿場公園.jpg

すぐ、左側に問屋場跡。
DSC_4930問屋場跡.jpg

右側に名所旧跡案内図。
DSC_4931名所旧跡案内図.jpg

右側にどまん中丸凧ギャラリー。
DSC_4932どまん中凧ギャラリー.jpg

左側に「従是袋井宿」と高札場。
DSC_4934従是袋井宿.jpg
DSC_4935高札場.jpg

その先、御幸橋を渡ります。
DSC_4933御幸橋.jpg

左側に御料牓示杭跡。
DSC_4937御料牓示杭跡.jpg

右側に法多山別院。
DSC_4940法多山別院.jpg

左側にある袋井市立袋井西小学校には「どまん中西小学校」の表示。
DSC_4941東海道どまん中西小学校.jpg

左側に澤野医院記念館。
DSC_4942澤野医院記念館.jpg

信号川井で県道413号線に合流します。
DSC_4945信号川井.jpg

木原歩道橋の手前で、斜め右の旧道に入ります。
DSC_4946木原歩道橋.jpg
DSC_4948木原歩道橋.jpg

右側に木原一里塚の案内。
DSC_4949木原一里塚.jpg

その先、左側に塚が復元されています。
DSC_4950木原一里塚.jpg

右側に許禰神社、そして古戦場木原畷の案内板。
DSC_4956許禰神社.jpg
DSC_4957古戦場木原畷.jpg

右側に、長明寺・笹田源吾供養塔の案内。
DSC_4958長命寺笹田源吾供養塔.jpg

右側に木原大念仏の案内があり、ここで県道に合流します。
DSC_4959木原大念仏.jpg
DSC_4960県道合流点.jpg

合流点に木原の案内板。
DSC_4961木原案内板.jpg

合流してまもなく、蟹田川を西木橋で渡ります。
DSC_4962西木橋.jpg

左側に須賀神社。
DSC_4963須賀神社.jpg

右側に全海寺。
DSC_4964全海寺.jpg

太田川を三ヶ野橋で渡ります。
DSC_4965三ヶ野橋.jpg

橋を渡り切ったら左の土手道に入ります。
DSC_4966土手道を曲がる.jpg

八木さんの地図によると、土手道に入ってすぐ、右側の階段を下りることになっていますが、階段が見当たりません。その先で右に曲がる(Uターン方向)ことにします。
DSC_4967土手から降りる.jpg

すぐに左折して旧道に復帰しますが、ふと右側を見ると土手から下りてくる階段があります。土手側の階段入口が草に覆われて隠れていたようです。
DSC_4968旧道復帰ポイント.jpg
DSC_4969階段.jpg

旧道に復帰すると、左側に食堂「なぐら」があります。「なぐら」を左に見て、そのまま直進です。
DSC_4970なぐら.jpg

左側に巴商会がある道です。
DSC_4971巴商会.jpg

東海道の松並木。
DSC_4972松並木.jpg

左側に、鎌倉時代の古道の案内。
DSC_4973鎌倉時代の古道.jpg

その先のY字路を左に取ります。右が大正の道、左が明治の道です、街道は明治の道です。
DSC_4974Y字路を左.jpg
DSC_4975明治の道.jpg

これが明治の道です。けっこうな上り坂です。
DSC_4976明治の道.jpg

左側に江戸の古道の入口がありますが、江戸の古道は行き止まりになってしまいます。
DSC_4977江戸の古道.jpg
DSC_4978江戸の古道.jpg

ここで右折します。
DSC_4979右折ポイント.jpg

右折ポイントの左側に、車井戸之跡碑と従是蒲田山薬師道道標があります。
DSC_4980車井戸之跡.jpg
DSC_4981従是蒲田山薬師道.jpg

右側に立場跡。
DSC_4982立場跡.jpg

右側の民家にツルの置物があったので思わず撮影。
DSC_4983民家に鶴.jpg

左側に二子塚公園・古墳の案内。
DSC_4984二子塚公園古墳.jpg

松並木。
DSC_4985松並木.jpg

従是西見付宿。
DSC_4986従是西見付宿.jpg

国道1号線に合流します。
DSC_4987国道合流.jpg

富士見歩道橋を渡り、右の旧道に入っていきます。
DSC_4988富士見歩道橋.jpg
DSC_4989旧道分岐.jpg

三本松橋。別名なみだ橋。
DSC_4990三本松橋.jpg

左側に常夜燈。
DSC_4991常夜燈.jpg

見付宿に向かって急坂を下ります。
DSC_4992見付への下り坂.jpg

右側に木戸跡。
DSC_4994木戸跡.jpg

その先で、左から来た大きな道に合流します。
DSC_4995愛宕橋.jpg

合流点左側に愛宕山。
DSC_4996愛宕山.jpg

合流(右折)するとすぐ、愛宕橋。といっても、はりまや橋のように、モニュメントのみです。
DSC_4997愛宕橋.jpg

右側に高札場跡。
DSC_4998高札場跡.jpg

右側に天神の木・東坂梅塚。
DSC_4999天神の木東坂梅塚.jpg

中川橋を渡ります。
DSC_5000中川橋.jpg

右側に大見寺。
DSC_5002大見寺.jpg

安間平治弥邸の案内。
DSC_5003安間平治弥邸.jpg

右側に立派な旧家。御朱印屋敷冷酒清兵衛邸。
DSC_5004御朱印屋敷冷酒清兵衛邸.jpg

右側に本陣跡。
DSC_5006本陣跡.jpg

右側に淡海国玉神社と、見付小学校跡。見付小学校は明治8年の建築で、現存する日本最古の木造小学校跡だそうです。
DSC_5007淡海国玉神社.jpg
DSC_5008見付小学校跡.jpg

右側にいこい茶屋。
DSC_5010いこい茶屋.jpg

並びに脇本陣大三河屋門。
DSC_5011脇本陣大三河屋門.jpg

右側に玄妙寺。
DSC_5018玄妙寺.jpg

右側に慈恩寺。
DSC_5019慈恩寺.jpg

この交差点を左折して、JR磐田駅方面に向かいます。正面には姫街道の道標。
DSC_5020左折ポイント.jpg

右側に西光寺。
DSC_5022西光寺.jpg

バス停加茂川の手前で左の旧道に入ります。
DSC_5023バス停加茂川.jpg

磐田郵便局のところでバス通りに復帰します。
DSC_5024合流ポイント.jpg

右側に遠州国分寺。
DSC_5025国分寺.jpg

左側に府八幡宮。
DSC_5026府八幡宮.jpg

JR磐田駅前の信号の、ひとつ手前の信号、RinRInの角が見付宿のチェックポイントです。
DSC_5027見付宿チェックポイント.jpg

8:27到着。区間距離8.8km、所要時間1時間39分、歩数13,146歩。平均時速5.3km、平均歩幅67cmでした。

JR磐田駅でトイレを借りましょう。
DSC_5028磐田駅.jpg
タグ: 街道歩き
nice!(0)  コメント(0)